「英国在住16年」が届けるロンドン生活疑問を解決

海外生活 隣の芝生は本当にアオイノカ?ニホントチガウトコロ

生きるか死ぬかギリギリだった話

はてなブログ今週のお題「人生最大のピンチ」に参加するブログを書いています。

恥ずかしながらこんな企画があったんだ〜。と今更発見。

 

人生が100年だとすると折り返し地点にやってきているぐらいの歳です。

人生は様々なピンチを乗り越えて生きていくものだと思うし、ピンチがあるからこそ人生を楽しめたり、学んだり、人に教えてあげる事ができたりするのはないかな?。

またピンチは過ぎてしまえば思い出になり、笑い話にもなり、またある意味生きる力にもなり、自分に自信を持たせてくれたりする。

 

さて、本題。。。生きるか死ぬかギリギリだった夫の話。

 

夫という人と知り合って27年ほど。波乱万丈人生だけどおかげさまで今までそれなりに楽しく生活できているので夫や子供に感謝をしている。

結論から言うと。

夫はステージ4の結腸癌だった。人生最大のピンチ。

トイレに行ったら便器が血で真っ赤に。急いでお医者さんへ連絡すると検査しますから病院へすぐ来てくださいと言われた。その後次から次へと検査の嵐。その結果ガンだった。

 

癌治療専門のお医者さんから「癌の治療はとても長く体も心も苦痛を伴います。必ず治りますから一緒に治しましょう。治療期間は最低でも3年ほどかかりますからそれだけは理解しておいてください。」と話を聞く。

治療を進めていくにつれ、お医者さんの「体も心も苦痛を伴います。」の意味が理解できた。家族全員が暗闇の中のトンネルで出口の光が全く見えないようなそんな状況だった。

 

治療が半年ほどすぎた頃、治療室で「とてもパワフルながん細胞だったので、あと数週間遅れていたらもう手遅れでした」と聞いた時

「この人は崖っぷちの生きるか死ぬかのせとぎわにいたんだ」と思うと同時に、ラッキーにもこの人はこのギリギリの状況で見つけてもらい「治りますから治しましょう!」と言ってもらっている。

「この人は生きないといけない人なんだ」と思った。そしてその後

「この人を死なせてはいけない!」と思った。

 

3年ほど過ぎて治療も手術も終えた後「癌細胞は見つかりません」と言う結果をもらう。ホッと一安心。

経過検査を行うことで丸5年間、癌細胞が見つからなければ治療完了ということに。

まだ5年は経っていないけど今の所順調に過ごしている。

 

あの時「便器の血」がなかったら多分夫は今、ここにいなかった。

「人生最大のピンチ」を家族で乗り越えた。3年間の治療期間は正直5年以上に感じるほどゆーっくりと流れた。

 

この「人生最大のピンチ」の山を乗り越えて色々学んだ。

  • 家族の時間は何よりも大切
  • 夫婦共に生きていることが大切で周りにあるものは二の次で十分

このピンチを経験して家族の絆はより一層強くなった。生きている自分達の「今」という時間は何かの理由で明日は無くなるかもしれない。

お金も物も贅沢もほぼほぼあまり興味がなくなったけど「時間」だけはとても貴重だと改めて感じる。

癌は早期発見で十分直すことが可能だし癌だから生きられない、と言うことはまず無い。ただ手遅れになってしまったら。。。夫は癌治療中に2人の友人を癌で無くしている。

 

はてなのお題で書いたこの「人生最大のピンチ」

ちょっと重い話になってしまったけど、どうか皆さん『もし、なんとなく体がいつもと違うな?』と思ったらとりあえず検査へ行きましょう。

仕事が忙しくて、、、なんて言うことは二の次。

自分の体はもちろん、家族や子供また大切な人がいたら検査はその人の為にもするものだということも理解しておきましょう。

 

読んで頂きありがとうございます。

引き続き応援をよろしくお願いします。

こちらも↓↓↓クリックして頂くと励みになります。:-D

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村

現在ブログ書く回数が減ってしまい9位あたりをウロウロ・・・いつかは1位になりたいなぁ。

 

 

日本人の社会人が海外留学、海外渡航、ワーホリを決断する理由について

今回は私自身が就職して数年経った後に出会った再出発についてです。

なんとな〜く今を日々過ごしている人や、何かしたいけど何していいのかわからん!みたいな人へ、もしかすると役にたったり、何か発見があるかもしれません。

是非気軽に読んでみてね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず、自分の性格について。

私の性格は結構計画を立てて目標に向かってまっしぐら。

猪年なので猪突猛進、当たって砕けろ精神、思い立ったが吉日で今までの人生を歩んでいます。(そういうわけで私の人生は波乱万丈です。話すと長くなるので、ここでは省略)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最初にイギリスへやって来たのは短期大学を卒業して初就職してから3年経った時。自分には何かが足りない!周りの大人の人や上司の人達を見て、話したり打ち合わせしたりして。。

そんな中その人達と比べて『自分は何かが足りてない』という気分になり結構ガックリ。

なんだか落ち込み気味。

落ち込みつつ一体何が足りないのか考える日々。。。と同時に英語話せるようになりたいと思う。実はそう思っていたのは短大の時から、いや多分高校の時からづ〜っとだったかもしれない。

そんな事を思いつつ、仕事帰りに毎日大阪梅田駅にある紀伊国屋本屋へ通う。

色々な本を見ては、あーだろうか、こーだろうか、、、とか考え続ける。

そんなことを続けること2、3ヶ月。は!とひらめいた!

英語真剣に勉強しよっ!

あっ!でも英語だけ勉強するのは私には多分無理。すぐ飽きてしまう。。。

どーせなら好きな事して英語勉強しよっ!

そう思ったのをきっかけに海外へ出発する目的の道へドアが開きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大多数の人は何気なく中学、高校、専門学校、短期大学または大学などへ行って一応それなりにやりたいことへの道が決まったりして就職をするものの。。。。

毎日仕事へ同じ時間に出勤して、同じ時間に帰宅。平日や休日にそれなりに食べに行ったり、飲みに行ったり、友達や恋人と遊んだりはするけど、3年ぐらいするとこれでいいのか?私?とか気になったりするのではないでしょうか。

私の場合は、たまたま英語だから海外だったけど、私の友達は北海道へ行ったり、沖縄へ行ったりしてそれなりの変化を求めて新しい生活をして再出発をしていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今思えば、あの時あの気持ちになって最初の一歩を踏み出した事はいい経験になったと思うし、あの時が合ったからこそ今のこの自分があるのではないかい!とも思えたりします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

このブログを書いている私はそんなこんなで今はイギリスで生活していますが、また日本へ戻って生活する日がくるかもしれません。

そうなったらそれはそれでいいと思うし、また新しい道が開けると思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もしこのブログを読みながら、次の新しい自分にチャレンジしようと思っている人がいたら、是非自分の心の思う所へ試行錯誤しながら向かって行って欲しいと思います。

 

何と言っても人生は一回しかないし、他人や家族に迷惑がかからなければひとまず自分への挑戦はした方が後悔が少なくて尚且つ自分だけでなく、もしかすると人の役にもたてるかもしれませんから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

という事で、今回は自分と新しい道へのチャレンジについて自分の経験を書いてみました。

もやもやした心の気分転換が次の新しい挑戦へとつながってもらうと嬉しいです。

 

引き続き応援をよろしくお願いします。

こちらも↓↓↓クリックして頂くと励みになります。:-D

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村

現在ブログ書く回数が減ってしまい10位あたりをウロウロ・・・いつかは1位になりたいなぁ。