「英国在住16年」が届けるロンドン生活疑問を解決

海外生活 隣の芝生は本当にアオイノカ?ニホントチガウトコロ

2022年最新ロンドン観光に役立つコロナの現状と急な発熱の対処法

あれば便利な薬の話

皆さんはこんな経験した事ないですか?

海外に来て嬉しいのがヤマヤマで、つい張り切ってしまったところ、熱が出てしまい海外旅行が台無しになってしまった。

もちろん、海外旅行ともなれば気も張っていますから、寝込んだりする事はないかもしれませんがやっぱりあれば便利な薬達。日本から持参する「しっかり準備派の人」には無縁かもしれませんが、ついうっかり。と言う場合だってあります。そこでイギリス在住のかれこれ長くなった私がそんな時に役立つ!おススメの薬をご案内します。乞うご期待。

まず!その前に。

最新ロンドンのコロナ情報と予防接種(ブースター)

今のイギリスはマスク無しでみんな生活しています。と言うと「それじゃあもうコロナはなくなっているのね!」と思う人は多いでしょう。答え:違います。

実は私、先週の金曜日にコロナに感染し、ほぼ1週間高熱にうなされて眠れず、更に胃をやられてしまいほぼ何も食べられないまま5日ほどが過ぎていました。今日は土曜日なので9日間目でようやく復活の兆しを迎えました。ホッ。アラフィーのわりには復活力も悪くはない?と思えたり。これはもしや2年半ほぼ毎日7分エクササイズしていたから?とか色々思い当たる節はあります。

いづれにしよ、まず一番重要なのは予防注射を接種する事。実は私、ブースターを接種するかしまいか迷い中で、結局保留にしていたところ感染してしまいました。なので、迷っている人は必ず早急に接種する事をおすすめします。

とにかく、これからイギリス来る予定の人は必ず予防接種しましょう。もしろん手洗い、うがいもお忘れなく。そして、はいもちろん英国在住の人も予防接種、ブースターはした方が賢明でしょう。

ロンドンのコロナに関するルールなど

はっきり言って何もありません。パブでもカフェでも、屋外でも屋内でも。もう普通にみんなお茶したり、食事したり、アルコール類も飲んでいます。ソーシャルディスタンスは?と言うとこちらも関係無し。と言う事で、もしこれからイギリスへ渡航される予定がある人は堂々と街の中を観光していただいて結構です。楽しくなって来るかな〜これから。:-D

ロンドン在住者オススメの熱が出た時サクッと役立つ薬

恐ろしい副作用の出来事

イギリスへ来て私が一番困った事それは「薬」です。恐怖だったのは、一緒に生活していた友人がイギリスの薬局で薬を買って飲んだところ、副作用で涙が止まらなくなって、夜眠った朝に涙でまぶたがくっついて目が開かない!と言う事件になった事。恐怖でそれからダブルトリプル気をつけて薬を選ぶようになりました。

やっぱり海外の薬は白人用に作られている為アジア人にピッタリ当てはまるかと言うと、体型のサイズやら何やらでそう言うわけにもいかず、副作用にみまわれてしまう場合もあることを、肝に命じておきましょう。

知っておくと便利な基本の対処法

日本にいても海外にいても、応急処置を知っておくといざという時にバタバタせずに住むので安心です。ここでいくつか私が体力低下して熱が出た時に自分の治癒力を使って治すまでの色々を書きたいと思います。

熱が出てしまった!

安静第一。冷えピタに似たものをイギリスで薬局で売っているので頭痛が酷い場合は頭を冷やし、水分をたっぷりとって休む、もし食欲も少しあればスープでも食べて早く眠るのが一番効果大。フルーツやビタミン類を取れるなら、もちろんそれもとった方が良いでしょう。

ちなみに頭が痛いときは下の写真にあるようなKool 'n' Sootheの商品にいつも我が家の子供達は助けられています。気持ちがいいのかいつもスヤスヤ眠れています。そして、この商品女性のメノポの頭痛時にも、通常の頭痛にも役立ちます。こちらは1.99ポンド

そしていよいよおすすめな薬です!

おすすめの薬「Lemsip」

ズバリこれは「Lemsip」。イギリス人はparathetamoleをよく購入します。スーパーなどで1ポンドまでで売っています。単純にこれは解熱、痛み止めと言うような感じだと思いますが、Lemsipには睡眠効果も追加で含まれているので、ゆっくり休みたい場合はこれを飲んでサクッと眠るのが一番。

他にも色々似たような薬も出ていますが、前に書いたような副作用で胃に穴が空いた話なども聞いたことがあるので、私はこの「Lemsip」一本でいつも治します。

この「Lemsip」、parathetamoleも含んでいて確か一つの袋に通常500mgが入っています。私はこのカプセルをこのコロナ感染で初めて飲みましたが、通常は粉薬の「Lemsip」を自宅においています。なぜ粉にこだわるかと言うと、parathetamoleを500mg取りたくない場合、袋を半分量で飲むことができるからです。カプセルの場合だと半分にすることが出来ない〜。

実際、自分の体にどれだけの薬が必要かどうか。と言うのは一人一人違っていると思うんです。普段薬を飲まずに生活している人はほんの少しで十分効果があったりするものだと思います。

「Lemsip」の種類

LemsipにはMaxとかAll in oneとか記載されていますが、私が購入して自宅においているのはこちら。3.13ポンドで10袋入り。Lemsipは粉以外にも液体、カプセル、レモン味やブルーベリー味などがあります。でも色々試した結果、下の写真の商品が一番飲み易く飽きないシンプルな薬で🙆‍♀️です。

まとめ

いつでもどこにいても熱が出ると楽しい計画が台無しになってしまいますが、自分の体をよく知って早めに治すことができれば、それに越した事はありません。

これから海外旅行する人も増え始めると思いますが、もしどうしても熱出てしまった!みたいな時はぜひお試しあれ!

引き続き応援をよろしくお願いします。

こちらも↓↓↓クリックして頂くと励みになります。

:-D 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

にほんブログ村