「英国在住16年」が届けるロンドン生活疑問を解決

海外生活 隣の芝生は本当にアオイノカ?ニホントチガウトコロ

便利すぎ!スカイプで海外在住も使えるJAPANESE(日本+81)携帯番号

みなんさん、ロンドンから書いているこのブログに来て頂いてありがとうございます。できるだけ、みなさんの役に立つ情報を盛り込んで行こうと思っていますので宜しくお願いします。

さて、今回は携帯電話です。今や携帯電話は肌身離さず持っていて、いつでもどこでも調べ物をして、買い物もして、チケット予約もクリックだけですぐ完了。こんな便利なものは使わないと損です。

更に日本に帰国して驚いたのは、ポイント還元とかあったりして(ペイペイのコマーシャルはちょっと笑えるけど)お金が戻ってきます、なんか素敵。踊らされている消費者(横目線)とも思えたりするけど、でもお金が財布に戻ってくるんだから踊らされてしまってもいいかな。とかも思えます。

で、この携帯電話。(一つ前のブログにも書きましたが)

kaigailiving.hatenablog.com

海外に住んでいる人は必見(ちなみに私はイギリス在住)。スカイプで日本の携帯番号(+81)を登録しておくと、日本の固定電話へ2.2Pでかけられます。日本の固定電話へ電話するのは月額契約の場合月額£3.6で無制限。(ちなみにサブスク月額契約をした場合は、契約更新日の3日前にはキャンセルをしないといけないので気をつけましょう。)仕事や学校など固定電話へかけないといけない時には本当に助かります。

私は日本へ一時帰国の際に携帯電話番号がないSimカードのデータを使いSNSアプリのLINEやWhat’sUp、Facetimeを使って連絡を取るようにしていました。まぁ、これで若者同士なら十分対応可能だと思います。それなりに書類仕事が仕事や生活の中で出てくると携帯番号がないとやっぱり不便です。

という事でこの際スカイプで番号登録する事にしました。日本にいると色々な書類に自分の電話番号を記入しないといけない場合があるので、基本的にはこれで全て問題解決します。更に驚いたのはイギリスに戻ってきても、日本からこのスカイプの日本携帯電話へ電話がかかってきます。しかも料金は格安。

でも!要注意はこれ!スカイプのページに記載されています。これには気をつけましょう!

Skype は緊急電話には使用できません
Skypeは通常の電話に取って代わるサービスではないため、緊急通報に使用することはできません。
さて、こんな便利な番号は一体どこの国で使えるの?という事で、実は使える国が限られています。リストはこちら↓(スカイプさんのHPから引用しています)

f:id:LondonVMD:20211201004956p:plain

日本とイギリス、アメリカは入っています。他にも様々な国が入っているのでもし自分のいる国が取得可能であれば番号を持っているといいかもしれません。何と言っても格安ですし、日本の両親など高齢のためにスマホの使い方は不慣れ。電話で会話するだけ。などという場合はとても便利良く使えると思います。
次に料金は?という点。サブスク(サブスクリプション)で月契約だと頻繁にかける人にはお得かと思います。(解約したいときは更新日3日前にはキャンセルをしましょう。)
サクッと料金はこちら↓(スカイプさんのHPから引用しています)

f:id:LondonVMD:20211201000839p:plain

 サブスクじゃなくて、単純に電話かけたい。という方はこちら↓(これもスカイプさんのHPから引用しています)

f:id:LondonVMD:20211201005015p:plain

どうでしたか。何となく安い!と思っていただけたと思います。次回日本へ帰国の際や海外にいて日本との仕事で頻繁に電話する方などには是非お勧めします。という事で、

『まとめ』

スカイプで日本の携帯番号を取得すると便利な上、お得感を得られます。

個人的にお勧めする人

  • 海外在住の方または、海外と日本をいつも行き来して生活している人
  • 両親が高齢で海外から安く日本の携帯、固定電話へかけたい人
  • 日本から海外へかける時に高額な通話料金を払いたくない人→海外に住んでいる人に日本のスカイプ番号を取得してもらいましょう。
  • SNSアプリではなく、海外から日本の携帯や固定電話へガンガン電話したい人

以上です。

世の中は便利になっているものの、サービスや機能を知らなければ、知らず知らずのうちに高額な料金を支払ってしまう場合もあります。という事で、みなさんよければ一度お試しあれ。

 

読んで頂き有難うございました、どうぞ応援をよろしくお願いします。

クリックして頂くと励みになります。:-D

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村